札幌市の「巻き爪」「陥入爪」の治療矯正専門店

ブログ

爪のツボについて。

爪の根元にはたくさんの神経が集中していると言われております。特に爪の付け根には副交感神経があり、このツボを刺激する事によって副交感神経を活性化させることが出来ます。ツボを適度に刺激する事で、自律神経を整える効果があり、免 …

爪の病気の外的要因。

爪が白くなったり、黄色等の色に変化した場合の原因は内的(栄養不足、肝臓、腎臓)な障害から起こる場合がありますが、緑色に変化した場合は、外的要因が原因の場合があります。主な原因としてはジェルネイルが多いようです、ジェルネイ …

爪の薬指について。

爪の中でも刺激してはいけない爪があります、それは薬指です。薬指には、心と体を活発にする神経がありますが、それは交感神経になります。人の体は交感神経と副交感神経のバランスを自律神経によって保たれてます。それによって、消化や …

爪は呼吸をしてません。

爪は呼吸をしていると言う方もいますが、実は呼吸をしてません。そして常に水分が蒸発しています、マニキュアなどを塗っても蒸発は妨げられませんが、付け爪、アクリル樹脂製の人口爪を付けると爪の水分の蒸発が妨げられ、自爪が弱くなり …

爪先の白い部分が下がってしまう。

爪先の白い部分は本来であれば綺麗なアーチ型をしていますが、白い部分が下がってしまう場合があります。そうなると見た目には余り良いとは言えません。重たい物を掴んだり、シールなどを爪を使って剥がしてしまう事も白い部分が増えてし …

爪半月でわかる健康状態。

爪の根元にある白い部分(爪半月)である程度の健康状態を見る事が出来ます。爪半月が白い理由は生えてきたばかりの新しい爪だからです、爪半月の大きさには個人差が有り、元々大きい方や小さい方もいますが、大きさには爪の伸びるスピー …

爪の凹みについて。

爪に現れるへこみは、水分不足、栄養不足の他、ストレス、過労や睡眠不足から起こる場合があります。爪が凹んでいる位置によって体調が悪かった時期がある程度わかります。爪の伸びるスピードは個人によって若干変わりますが、大体五ミリ …

爪の色と病気について。

普段は薄いピンク色の爪が突然色が変わる事は何かしらの体の不調がある場合です。その中で、爪が赤くなるケースは珍しいです、爪が赤い場合に考えられる病気としては、「脳血栓」「多血症」「心筋梗塞」など、その中で特に考えられるのは …

ささくれは栄養不足から。

ささくれは栄養状態から、ビタミンC不足など栄養のバランスがとれてない食生活を送ってる人がなりやすいとすると、きちんとした食事をとっておらず、不摂生な生活を送っていると言う事になります。それが親の心配に値すると言う事で、昔 …

ささくれなどからひようそう。

指のささくれなどからばい菌が入ってしまって、炎症を引き起こした状態をひようそうと言います。巻き爪で傷が出来た時など、爪の周りの炎症は、膿がたまりやすく自然治癒では治らない場合があります。ひようそうの原因は黄色ブドウ球菌、 …

« 1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 札幌巻き爪専門.com All Rights Reserved.