指のささくれなどからばい菌が入ってしまって、炎症を引き起こした状態をひようそうと言います。巻き爪で傷が出来た時など、爪の周りの炎症は、膿がたまりやすく自然治癒では治らない場合があります。ひようそうの原因は黄色ブドウ球菌、連鎖菌等の雑菌です。乾燥肌になると指先にささくれができやすくなり、手で抜くと出血して爪周囲炎になりやすいので注意しましょう。予防にはオイル、クリームなどで適度に保湿する事と、なってしまった場合は、早めに皮膚科若しくは外科で治療してもらいましょう。