咳の原因でもっとも多いのは、鼻水が喉(のど)にながれこんで刺激となることです。

しかし、ウィルスや細菌が気管支や肺に炎症炎症を起して咳が出ることもあります。ウィルスによる風邪は咽頭や鼻腔の炎症が気道の奥まで進んで、気管支炎や肺炎になることがあります。

気管支炎になりやすいウィルス感染症の代表は「麻しん」と「インフルエンザ」です。これらの病気にかかって、なかなか咳が改善しない時には、気管支炎や肺炎になっている可能性が高いのです。

加えて最近よく知られるようになったのが「RSウィルス」です。このウィルスは、ありふれたウィルスで2歳までにはほぼ全員かかるといわれているそうです。

さらに何度も感染するのですが、学童以降は普通の鼻かぜと症状に差がありません。しかし、特に6か月未満の赤ちゃんに感染すると、最初は鼻かぜのような症状なのに、次第に呼吸が早くなり、ゼイゼイと言う音を出すようになります。

ぜんしくのように見えるのですが、これは「細気管支炎」(さいきかんしえん)と言う病気です。この病気は肺炎の一歩手前とも言える状態です。

授乳や睡眠にも支障を来たし、血液中の酸素濃度が低下して苦しくなると、入院治療を必要とすることもあります。2500グラム未満で生まれた赤ちゃんや、肺や心臓に病気を持った赤ちゃんなどは特に重症化しやすいので、人工的に作った抗体を注射して予防が行われています。

症状が長引いたら早めに受診しましょう。

同じようにゼイゼイする激しい咳が出る病気に、「ヒトメタニューモウイルス感染症」があります。

この病気は気管支炎や肺炎などの呼吸感染症を引き起こすウイルスの一種で、主に風邪症状によく似ています。幼児の間で流行することが多いのですが、大人にも感染します。

症状は咳(多くの場合は1週間程度続きます)、熱(多くの場合は4~5日続きます)、鼻水。悪化するとゼイゼイ(ヒューヒュー)と言う呼吸、呼吸困難等の症状が悪化すると出ることがあります。

とくに乳幼児や、高齢者では重症化することもあり、注意が必要です。「ヒトメタニューモウイルス感染症」は一年中発症が確認されてますが、3-6月にはとくに感染者が増加します。春先から梅雨の時期までは、幼稚園、保育園、小学校で流行することがありますが、RSウイルスに比べると少し年長の子供がかかりやすい病気です。どちらも迅速診断キットで診断が出来るようになり報告が増えてますが、これら以外にも咳が長引くウイルスは、たくさんあることがわかっています。

これ等のウイルスに特効薬はありません。通常のホームケアで看病し、病気の回復を待つしかありません。眠れない、食べられないなど、日常生活が脅かされるような症状があるときには早めの受診を心がけてください。