腸の不調はストレスのせいだけではありません、炎症性腸疾患について。

腸は第二の脳とも言われ、ストレスを受けるとおなかの調子を崩す方が多くいます。

過敏性腸症候群といって20代~30代に多く、ストレスが起因となり腹痛や下痢、便秘を引き起こします。

しかし、同じように若い方で、腹痛や下痢、血便や発熱があり、整腸剤や止痢剤を服用しても良くならない場合は要注意です。潰瘍性大腸炎やクローン病いった「炎症性疾患」の可能性があるからです。

血液検査、便の検査、大腸内視鏡検査を受けても異常が出辛く、発見が遅れる場合があります。この病気は、近年増加して、日本では20万人以上いるといわれ、厚生労働者の難治性疾患に指定されているそうです。

潰瘍性大腸炎は炎症の部位が大腸と限定されるのに対して、クローン病は口から肛門まで消化管ならどの部位まで起こり得ます。

クローン病は難病特定疾患です、クローン病の主な特徴は、口から肛門までの管の中が炎症に襲われます。口腔内、小腸、大腸など至るところに慢性的な炎症をきたす病気です。

小腸に何かしらの自己免疫に異常がおき、腸に穴があいたり、します、特に小腸の回盲部という場所が一番に炎症が起きやすいと言われています。症状としては、腹痛があったり、高熱、体重減少、下痢の回数が多くなったり、食欲不振、倦怠感などがあります。日本における患者数は増加傾向にあり、日本や中国と言ったアジアの国においても、西洋の食文化をを取り入れるようになって以降、患者数が増加傾向にあるようです。

発症にいたる詳細はもともと体に備わっている自然免疫系の異常反応によって炎症が引き起こされると言われております。

食生活の欧米化による腸粘膜の免疫機能の過剰反応とも指摘されていますが、原因は解明されていません。しかし、新しい(抗TNFα抗対製剤)が開発され、この免疫の過剰反応を抑える事で、病気をコントロールすることができます。

潰瘍性腸疾患は、発病後長期間経つと、大腸がんになるリスクが高まることが知られています。炎症状態の確認や、大腸がん早期発見のためには、定期的な内視鏡検査が必要です。また、潰瘍性大腸炎にかかる女性の中には妊娠を希望される方もいます。

腸の状態が悪い時期、(活動期)は流産や、早産のリスクが高まりますが、落ち着いた状態(緩解期)であれば、「妊娠」「出産」への悪影響は出ません。

調子が良くなると薬の服用をしなくなるかたが居ますが、炎症の抑制を持続させるためには、きちんと薬を継続していただくひつようがあるのです。