ささくれとは、二種類あって、一つ目には爪周辺の皮膚が物理的な要因がないのに自然と向けてくる皮膚のささくれ、二つ目は爪の端に出てくる硬いささくれのようなもの、これは小爪と言います。一見硬い皮膚のように見えますがこのささくれは爪なのです、原因は二つあり、一つは乾燥にあります。もう一つは栄養不足にあると言われてます、予防には爪周りの保湿とビタミン、ミネラル、タンパク類をバランスよく採る事である程度予防は出来ます。ささくれが出来てしまった場合は無理には取らないで爪切りやハサミで切り落とすと良いでしょう。