爪は切り方によって生えかたが変わってきます。足の爪は固いので一度巻き爪になってしまうと治すのにはかなり時間がかかってしまうので、切り方には注意しましょう。

理想的な切り方は、爪は親指と同じ長さに真っ直ぐ切ること。サイドは皮膚に食い込まないように少し丸くしておくのがポイントです、サイドが尖っていると皮膚に食い込むので注意が必用です。

又、深爪もよくありません。爪は伸びる時に少しでは有りますが、内側に丸まって行く性質があります。伸ばし過ぎて爪が内側に丸まって行くと、そこから巻き爪になって行く事があるので伸ばし過ぎも良くはありません。特に深爪をしてしまうと、指先よりも爪が下になってしまうため、伸びる工程で巻き爪になってしまう事があります。又、爪先よりも肉が出てしまうとそこから陥入爪になってしまう事があります。

足の爪をどう切ったら良いか分からない場合は、無理に爪切りばさみで切ることよりも、風呂上がりの爪が柔らかい状態の時にヤスリで形を整えると良いでしょう。又は近くに専門家がいる場合、定期的に切って貰う事をおすすめします。