普段は薄いピンク色の爪が突然色が変わる事は何かしらの体の不調がある場合です。その中で、爪が赤くなるケースは珍しいです、爪が赤い場合に考えられる病気としては、「脳血栓」「多血症」「心筋梗塞」など、その中で特に考えられるのは多血症の場合があります。多血症とは、血液中の赤血球の数が増え、正常の値を上回る事で体の異変(疲れ、頭痛、耳鳴り、息切れ)を感じる場合があります。そのような症状がある場合は、早急に医師の相談を受ける事をお勧めします。