爪先の白い部分は本来であれば綺麗なアーチ型をしていますが、白い部分が下がってしまう場合があります。そうなると見た目には余り良いとは言えません。重たい物を掴んだり、シールなどを爪を使って剥がしてしまう事も白い部分が増えてしまったり、深爪をして、指に力を入れた時に爪と皮膚が離れて、結果白い部分が増えてしまう事になります。爪を切る場合は白い部分を二ミリほど残してカットして、ヤスリ等で形を整えると良いでしょう。