足裏に角質ができやすいのは、足を常に酷使しているからです。皮膚の代謝のサイクルはおよそ28日間と言われております。依って人間の肌は一か月弱で生まれ変わっていると言えます、その時に死んだ皮膚の細胞が剥がれ落ちず、蓄積して行くことがありますが、それを角質と言います。角質は皮膚との壁となり、外部からの刺激や、体内から水分が過剰に蒸発してしまうことから守ってくれますが、足に出来やすいのは、足に負担がかかっている為、足の皮膚の細胞は真皮をしっかり守ろうとして、皮膚の細胞を剥がれ落ちさせずに、保持させることによってクッションの役割をしているのです。しかし貯まりすげるとどんどん厚くなり、割れてしまったりするので定期的にケアすると良いでしょう。