足裏の角質が出来ると、それが知らず知らずのうちに溜まって固くなってしまいます。冬になると溜まって厚くなった角質が割れて出血したり、かさつきになりストッキングに引っかかってしまったりと、古くなった角質は白癬菌の格好の餌になるため、水虫の原因にもなります。サンダルや素足になる機会が多い時期になる前に足裏の角質をしっかりケアをして、楽しい夏を過ごしましょう。