お酒で赤くなる人は、食道がんに要注意

日本人の食道がんは、飲酒と喫煙が大きな原因です。

飲酒については「昔は飲むとすぐに赤くなったけれど、鍛えられて鍛えれれて強くなった」と言う人が特に要注意です。

飲酒で顔が赤くなる人のことを「フラッシャー」と呼びます。お酒の成分

のエタノールは、体内で分解され、アセドアルデヒドという有害物質に変化し、これがさらに分解されて無害な酢酸になります。アセドアルデヒトは顔の赤らみや頭痛、二日酔いの原因であることに加え、発がん物質でもあります。

アセドアルデヒドを分解する酵素には遺伝的に三つの型があります。

日本人の50%~60%は強い酵素をもっており、この人たちはお酒に強く赤くなりません。5~10%は酵素活性がなく、ほとんどお酒が飲めない人たちです。

残りの30~45%が酵素の働きが弱く、少し飲めるけれど赤くなるフラッシャーの人です。フラッシャーは、アセドアルデヒドの分解が遅く、体内に発がん物質のとどまる時間が長くなるため、がんのリスクが高いとされます。

また、フラッシャーであったのに、飲み続けることで「お酒に強く」なり、さらに過度の飲酒を続けていると、食道がんの発症率が何十倍も高くなることがわかっています。

食道がんの診断や治療について

無症状の早期がんは、集団検診のバリウム検査では見つけられることはあまりありません。内視鏡検査であれば、早期発見が可能です。早期食道がんは、内視鏡を用いた切除で体に大きな負担をかけずに、比較的短時間で治療することができます。

食道がんは進行してくると

  • 食べ物を飲み込んだときなど、「食道がしみる感じ」「つかえる感じ」
  • 三か月位で五~六キロの体重減少(食べ物がつかえるため、食事摂取量が減るため)
  • 咳や血が混じった痰が出るまたは声のかすれ
  • 胸の奥や背中に痛みを感じる

食道がんには扁平上皮がんと線がんの二つに分類されており、それぞれがんの種類によって原因が異なるといわれております。

食道がんの検査としては「x線検査」「内視鏡検査」「腫瘍マーカー検査」があり、特に食道がんの広がりを調べる検査として「CT、MRI検査」「超音波検査」があります。

進行がんでは内視鏡による治療は出来ず、手術、抗がん剤、放射線を組み合わせて治療します。

日々治療は進化していますが、依然としてこれれの治療による体の負担は大きく、治療が難しいがんといえます。

食道がんにならないためにフラッシャーの人は過度の飲酒を控えてください。また、早期発見のためには、長年飲酒を続けている人は症状がなくても定期的な内視鏡検査を受けることをお勧めします